ぼたむす日記

アラフィフ仕事、介護、副業、読書のこと

【一人旅③】浅間山温泉、本がいっぱい「松本十帖」

浅間山には行ったことが何度もあったのですが、浅間温泉は初。それも松本市からとても近い!

ブックカフェが最近たくさんできた、とどこかで読んで、一度行ってみたいと思っていました。その中でもブックカフェならぬ、コンセプトホテル「松本十帖」さんへ。

matsumotojujo.com

 

全室温泉付きで、奮発して露天風呂が付いている少し広めのお部屋に宿泊。部屋にも本がいっぱいおいてあって、それも私好みのものばかり。フロントで部屋に置いてある本はどうやって決めたんですか?と尋ねると、部屋のコンセプトで本を専門家がえらんでいるんですよ、とのこと。まさに私の嗜好・行動は全てAIによって把握されているかのようだ💦

写真は撮らなかったですが、ロビー階と地下に元温泉施設をそのまま本カフェにしちゃった仕掛けが随所にみられ、とても面白く落ち着ける空間に見事にリノベされておりました!雑誌や本も気に入ったら購入でき、宿泊者は無料で出入りができます。

インスタはこちら

www.instagram.com

せっかくなので、浅間温泉を散策してみました。

ホテル系列のカフェに2店舗行ってみました。元は銀行があった場所、と坂の途中にある「哲学と甘いもの」。

なにやら難しい本がたくさん置いてありましたが、若い人でお店はいっぱいでした。今は観光よりも地元に溶け込めるような体験が人気なのですね。

 

夜はお待ちかねのご飯タイム!薪ストーブのお料理が運ばれてきます。おひとりの方も何人かいらっしゃいました。もちろんペアリングで!

日本酒と海外のオーガニックワインが出てきました。

この鯉のお寿司は絶品でした!鯉がこんなに美味しいなんて!お酒は度数高めの日本酒の原酒。

お魚続きます。

水蕎麦。オリーブオイルで。はじめてのお味。

地元の素材を最大限活かした本当に美味しい和フレンチだと思います!!!これを食べに来るだけでも価値あり、胃もたれなし、おすすめです!

 

夜ご飯の後はブックコーナーで、バータイムを楽しみ、10時には部屋に戻り露天風呂を満喫。

部屋にはテレビが無いのがいいですね!

 

次の日朝風呂を浴びたら、朝ご飯タイム。地の物を使った優しい朝ごはん。隣にある「アルプス」というパン屋さんの出来立てのパン。

1日本当にのんびりできました。松本十帖さんは、若いスタッフの方で運営されていて、しかも痒いところに手が届くサービスが凄い!

 

観光、というより、欧米型のバケーションのように長期滞在を楽しむように日本人もシフトしていくのかしら。これからはこうしたホテルや旅館が人気で主流になっていくんだろうな。全く非日常の体験ができて、お勧めです!

 

また本好きの方にもお勧めです!!!古い温泉街も、こうして上手にリノベーションが進んでくれたら、たくさんの本好きの方で賑わう日が浅間温泉にも来るといいな。

 

帰りに隣のパン屋さんでバケットを買って帰りました。電車の中でパンが頭を出して重かったです💦

【一人旅②】奈良井宿、話題の宿「BYAKU」

奈良井宿でとても気になっていたお宿「BYAKU」。横文字がかっこいい。

 

昨年コロナ禍でできた新しいお宿。酒蔵があった場所をリノベして高級お宿に。働いている方皆さんお若い!新しいだけじゃない、古き良き時代の中で進化するサービスを感じら、そんな時間を過ごせました。

byaku.site

受付では今が旬の「ぶどう」を一房プレゼント。甘酸っぱくてみずみずしい葡萄でした。

 

私が泊ったお部屋は、回廊と半露天風呂。備品も清潔で、隅々まで心配りを感じました。コーヒー豆(飲まなかったですが・・・)が置いてあり、自分で引くこともできたり、和菓子もとても手が込んでいたり。

夜は蔵でのお食事。一人客もちらほら。日本酒とワインが入った「ペアリング」。もちろん頂きます!地の物をふんだんに盛り込んだ和食のコース。

小食な方でも胃もたれせず、ペロッと美味しく頂けてしまうかと!地元の食材とお酒、合わないはずがありません!!!

 

美味しい食事の後は、隣の蔵を改造したバーへ。先客のお客様がいらっしゃいました。

貴重なザ アルプスのブランデーを頂きました。大奮発!!!たかが外れました😅

千鳥足でお部屋へ。秋の虫の音を聞きながら。

 

朝風呂を浴びて、お楽しみの朝ごはんは、こちらも地元の食材のみを使用。撮り忘れてしまったのですが、大きな卵焼きが絶品でした!出汁とお砂糖が効いた、甘い味付け。とても美味で朝から食べ過ぎてしまいます。

チェックアウトの時間までお風呂に入り、奈良宿の夜を堪能しました!

この後は浅間温泉へと続きます。

【一人旅】奈良井宿でレトロに浸る

コロナ後2年ぶりに旅にでました。

向かうは長野塩尻と浅間温泉へ。

 

若い人たちが集まる旅館、ホテルが密かに話題になっていている長野の松本。電車で行けて、一人旅にはもってこい、でございます。

 

今回は観光というより「湯治」を楽しむ、をテーマに2泊3日の旅を旅館・ホテルだけ決めて、行き当たりばったりで行ってまいりました。

 

まずは新宿からあずさに乗って塩尻へ。

 

連休の真っただ中、台風が接近中ということもあり、人はまだらで、おじいちゃん、おばあちゃんが多く、家族ずれがあまりいなかったせいか、2列シートを独占でき、快適な電車時間でした。

新宿駅で見かけたレモンケーキ。魚沼産コシヒカリが入っているらしい。旅の気分を盛り上げるミルクティー⁉️

 

塩尻の駅には立ち食い蕎麦のお店が有名らしいのですが、こちらもやっぱり人はまばら。空気が一気に澄んできた気がします。

塩尻から「奈良井宿」へは車で。奈良井宿知ってますか?私は全然しらなかったのですが、レトロな街並みが有名で、一気に江戸時代へタイムスリップ!って感じ。

古びた、と言うよりも「レトロ」な感じ。古いんだけどキレイというか、きちんと保存されている、という意味です。伝わったかしら。

 

葛飾北斎の絵に出てきそうな杉の木、と小雨降る夕刻のお稲荷さん。

通りは2キロぐらいで、お土産屋さんも多く、足場もよく、ゆったりと歩ける感じです。一人旅の方もちらほら、見かけました。

 

こちらは江戸時代参勤交代での宿坊だった場所。上問屋資料館。入場料300円を受付のお兄さんに渡すと、声優さん⁉️AI⁉️と聞き間違うような良いお声で資料館の概要をご説明頂きました。館長さんなのかしら…😅

二階にも上がれて、古い貨幣などの展示もあり、見応えのある資料館でした。

 

カフェにも立ち寄りました。お宿で勧められたカフェでなくて、インスピレーションで選んで…。

 

1軒目はこてまりさん。とても温かいおもてなしと、巨大なシフォンケーキ。イタリアンパセリは飾り⁉️食べるべき⁉️🤣

素敵な時間を過ごせました。私と入れ違いに入って来た方も一人旅なのかしら。

2軒目は、ガラス工房の可愛らしいお店へ。

今年開店したてのアットホームなカフェでした。

 

さぁ、次はお楽しみのお宿「BYAKU」へ続きます!

にんにく、ではなく、ガーリック!?

以前マーケティングの本で、主婦向け雑誌が「ガーリック特集」をしたら、とても反響が高かった話が出ていました。そう「にんにく特集」だと、女性たちは振り向かないけど、横文字なら飛びつくのだそう。面白いですよね。

 

確かに「にんにく」と言うと、少し年配の方が滋養強壮のために食べる、というイメージですが、「ガーリック」なら、ぐーっと年齢層が下がり、お洒落な感じを醸し出しています。

 

私は滋養強壮のために「ガーリック」をお取り寄せしました。なんだかしっくりこない・・・。「青森産のにんにく」をお取り寄せしました。青森産のガーリック、と呼ぶより、「にんにく」の方がガツンとパンチがあって、カラダによさそう。

 

いつも冷蔵庫のすみで、カリカリになってしまっていたにんにく。どうにか長期保存ができれば、とネットで検索していると、クックパットで、冷蔵庫で1年保存できる方法を見つけました!

cookpad.com

 

実際に試したところ、1年よく持ち、重宝致しました。また、同じところ(楽天)から購入しようと調べたら、なんと170円お安く、しかも今が旬らしいのです!

早速購入し、にんにくパスタ、にんにくステーキで楽しんでます。旬だからかみずみずしく、火を通すとホクホクでとても美味で、においも次の日に持ち越さないから、これまた素敵!

 

旬のものを上手に頂いて、秋バテにならないよう、体調管理をしていきましょうね♪

 

久しぶりの投稿・・・また半年ぶり☺

またまた半年ぶりの投稿になります。

リモートワークも半分終わり、半分続き、みたいな感じです。

まだまだ感染拡大が続いていて、今年の冬もまた拡大するのでは、と言っているメディアもあったり、十分気を付けなければですね。

 

今は毎週週末に実家に帰り、母の一週間分の食事を作ったり、買い物をしたりしています。その後の介護の話もいっぱい溜まっているので、定期的に書きたいと思います。

 

また、副業は苦戦だらけで、なかなかうまく行きません。しかも本業は益々外人上司の不条理な対応でストレスマックス。。。時間泥棒!と呼んでいます。副業は一人で全てやっているので、時々モチベーションを上げていくのが凄く大変です。情熱を持ち続けられるよう、孤軍奮闘☜初めて使いました(笑)ですね!

 

9月1日、ブログを再開するには良き日!?と思って、今年あと4か月(しかない!?)続けられるよう、頑張り過ぎず、適度に頑張ります♪

 

雨宿りでドトール農園に入ったのですが、水分摂り過ぎでお腹がポチャポチャしていたので、初めてコーヒーゼリーを楽しみました。コーヒーゼリー流行っている!?みたいですね。

 

 

アラフィフになって身に染みる、時間と健康の大切さ

時間の管理が最近上手にできていないせいか、ミスが今日は多く目立った日でした。

最近特に気を付けているのは、相手や周りの人の時間を無駄に使わない、ということです。無駄なことを頼まない、思い付きで人を動かさない、と注意を払っています。

だから今日みたいにミスが多い日は、自分の生産性の低さを感じるだけでなく、関わっている人の時間を無駄に使ってしまった、と落ち込んでしまいます。

 

アラフィフになって、苦手な朝がますます苦手に。カラダが重くて起き上がるまで時間がかかります。さらにテレワークも重なり、それまではオフィス出たら仕事を家に持ち込まない方だったのに、ずっとPCをつけていて、メールを一日中気にしている。多くの人がそうなのかなぁ。心身ともに疲労が蓄積してるー。首が痛い、肩が痛い、頭が痛い・・・あ~。

 

立ち読みした占いの本に「しっかり休みを取る年にしないと」と書いてあったのを思い出した。しっかり休み取ってないなぁ。

 

仕事は楽しいので苦にならないけど、外人上司がかかわることは気が重いし、眉間にしわが寄る。副業は楽しいし、もっといろいろしたいけど、そういう時に限って、外人上司の邪魔がはいる。この上司が心から嫌いなのは、人の時間を無駄に使うからだ。この間も、このレポート書いて、と言われて、2日必死になって書いて出したら、読みもせず放置状態。そんなことばかり。それでお金もらっているって思っても、どうなんだろう、って思うようになったのは、アラフィフになってから。

 

1日のうちで集中できる時間って本当に少なくなってきたから、その時間をできるだけ生産性のあるものにしたい。けど、忙しさが重なると、時間の管理がおろそかになる。負の連鎖。

 

今日は提案書を作って、会社の皆にCCして、上司宛に送ってみました。2週間ぐらいかけて作った渾身の提案。上司はお友達の会社からの提案を待っていて、私のは聞く耳を持ちません。でも、やっぱり自分がやるべきことはやる!と心に決め、同僚を巻き込みながら、いいものが作れたと思います。拒絶されるか、通るか・・・。またご報告します。

 

明日は午前で仕事を終えて、午後から完全にオフにしようと思います。何日ぶりだろう、いや、何年振りだろう!?少し遠出して、美味しいものでも食べて、リフレッシュしたいと思います。

世界女性デー、自分のための食事

今日は世界女性デーですね。

 

ぼたむすは、小さい時から、母親やお祖母ちゃんが、皆が集まる時、お料理を最初に出して、男や子供に食べさせてから、自分たちが食事をする風景をよく見ていました。いつも「なんで一緒に食べないんだろう」と不思議でしょうがなかった。

 

お昼は特に、残り物だけで済ます母親たち。いまでも自分のために食事を摂る習慣のない女性、多いのでは。

 

ぼたむすが働いている外資の会社に、日本人の夫を持つ外人の同僚がいるのですが、その同僚の子供の幼稚園から、子供が熱を出したから迎えに来てほしい、と連絡があった。日本のお母さんなら、すぐに迎えに行くだろうけど、外人の同僚は1時間たっても出かけていかず、12時過ぎになり、やっと席を立って出て行った。と思ったら、大きなお肉の入った幕の内弁当を買ってきむしゃむしゃ食べている。

 

「幼稚園行かないの?」と聞いたら、「いいの。今しかご飯食べられないし。食べてカラダ強くしないと、心が弱くなっちゃう。心が弱くなると、言いたいことも言えなくなるしね」と。しっかり幕の内弁当を平らげてから、「それじゃ、今日は子供のお迎えで早退します」と帰っていきました。

 

「心技体かぁ・・・」と妙に納得してしまった。

 

のちに彼女は離婚をしたのですが、この時まさに色々揉めていて「強い心」を必要としていたことがわかりました。

 

外国人の女性は、自分のための食事ができている、と感じます。だからこそ、はっきりと意見が言えるのだと思います。

 

日本の女性もこれからは、流行や甘いものに狂乱するのではなく、自分のための食事を摂って、体を強くして、心を強くして、言いたいこと言う!そんな時代にこれからなっていく過渡期なのかなぁ、と思った世界女性デーでした。